【2022年版】大学DX化取り組み実態調査レポート|神戸大学のデジタル化事例紹介

【2022年版】大学DX化取り組み実態調査レポート|神戸大学のデジタル化事例紹介

更新

近年、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)、ICT、IoTといった言葉を耳にする機会が増えました。新型コロナウイルスの影響で、テレワークの推進や業務のリモート化などが急務となったことにより、DX化を推進する流れになったことが主な要因と考えられます。

高等教育機関である大学でもDX化の動きが見られます。一例としてオンライン授業が行われ、PCとインターネットにつながる環境があれば学外から授業を受けられる環境づくりがなされています。以前より一部大学ではサテライト授業として遠隔授業は行われていましたが、多くはコロナウイルスの影響により実装されました。コロナ後も移動にかかる時間やコストの節減になり、より自由な学びのスタイルを実現できます。

一方で、大学は独自性が高く私立大学と国立大学など学校ごとに財源規模の違いや専門性の違いがあり、教職員や生徒のDXやICTへの理解度も大きく異なります。そこで、本記事ではDX化へ積極的に取り組む先進的な大学を取り上げ、独自に設けた評価項目で採点し、その取り組みのポイントをかんたんにまとめてご紹介します。

大学DX化の取り組み評価

目的と方法

今後DX化に向けて取り組む大学に向けた情報発信を目的として、DX化に積極的に取り組む大学における「DX化の現状」「DX化に向けた課題」を整理し、実際の事例や画期的な取り組みをピックアップして解説していきます。

「DX化の現状」について、当社では、取り組みの進行度やDXの充実ぶりを可視化するために、当社予約システムに関する全国の大学からのご相談、お問い合わせ、受注実績やノウハウを基にして、大学におけるDXの取り組みについて30の評価項目を独自に作成しました。

大学DX化の取り組み評価では、この評価項目を元に評価、採点を行っていきます。

項目一覧

作成:RESERVA編集部

大学のDX化におけるメリット

大学のDX化においては、特に学びの自由度と質を大きく向上させるという点が期待されます。DX化のメリットとして、可能になると予想される学びの形について説明します。

  • 時間・場所からの解放
    授業をオンライン化することで、教員や学生は移動が不要になり、その分の時間を有効活用できます。また、動画での講義やアーカイブを利用すると好きな時間・場所で自由に受講することも可能です。これらの取り組みが進んでいくと、オンライン授業のノウハウが教職員の中に蓄積され、海外ではよくある「社会人になって以降に大学で学び直す」といった、「社会人の学び直し」の取り組みが日本においても普及しやすくなると考えられます。
  • 学びの可視化と質の向上
    カリキュラムが完全オンラインに対応できれば、受講状況や単元ごとに試験を実施し、結果に応じて学習の習熟度や進行度を可視化することが容易です。特に、大学では1人の教員が100人以上の生徒の対応をすることも珍しくないため、オンライン化により結果的に細やかなチェックが可能となり、体系的な学びの質向上につながると予想されます。

この他にも、大学事務の業務効率化学生生活の利便化などのメリットが考えられ、大学のDX化は新規学生獲得や教職員の負担軽減に向けても重要な役割を持っていると考えられます。

大学DX化の事例:MOOC

MOOC(Massive Open Online Course)はオンラインで行われるオープンな大学の講義のことです。代表的なプラットフォームとしては「Coursera(コーセラ)」や「edX(エデックス)」があり、日本にも「JMOOC」というプラットフォームがあります。

MOOCでは様々な分野の講義が無料または少額で受講できます。「Coursera」や「edX」では修了証の取得時に支払いが生じる場合がありますが、「JMOOC」では無料で修了証の取得が可能です。修了証は専門性の証明としても活用でき、学びの新しい形として世界的に注目されています。

大学のDX化における課題

  • DX化、ICTについての知識不足
    DX化を主導する教職員と、利用する学生のどちらについても、DXやICTに関する知識が不足しているケースが考えられます。システムの導入だけでなく、利用者が十分に活用できるように適切な知識を周知していく必要があります。
  • インフラの整備コスト
    学生各自が個人でデバイスを持ち歩き、作業できる環境を整えることは学生主体の学びに大きな意味を持ちます。一方で、ある程度の作業が可能なパソコンやタブレットを自力で用意するのは学生にとって経済的負担が大きいため、何らかの支援策が必要だといえます。
  • 紙媒体のやりとりの多さ
    レジュメなどの配布物や掲示物は紙媒体でのやりとりが基本であり、学生向けの掲示板を利用している学校も少なくありません。各種申請も含めて紙を介さないWeb上で情報をやりとりするしくみが必要です。
  • 学生本位の取り組みになっているか
    DX化による教職員の業務効率化はもちろん重要ですが、大学に所属する人のほとんどは学生であるため、大学のDX化は学生を対象として、学生の利便性に向けてどれだけ取り組みが行われているかがポイントとなります。
  • 多言語での対応が可能になっているか
    文部科学省の集計によると、大学と大学院を合わせた留学生の割合は約4.6%であり、100人につき4人か5人は留学生です。今後も日本の少子化が進行して学生の減少が見込まれることから、留学生の獲得は大学の将来について重要な観点であるといえるでしょう。

神戸大学の評価と解説

当社独自の調査項目に照らし合わせた結果、神戸大学の得点は30点中26点でした。これを受け当社は、神戸大学は全国でもトップレベルにDX化を推進している大学であると評価しました。神戸大学は学内のデジタル化を推進し、学生により良い学びを与えるだけでなく、企業や地方自治体との交流や連携を通じて社会にも優れた技術を還元してきました。そんな神戸大学の取り組みの中でも特に注目されるポイントについて解説します。

評価結果

作成:RESERVA編集部

学内でのデジタル活用

神戸大学は情報基盤の整備・ICTの有効な活用を目的とし、2006年に「神戸大学 ICT 戦略」を制定しました。経営層及び利用者それぞれの立場でデジタル化を推進するために、職員のICTスキルの向上やBYODを進めてきました。

BYODとは?

Bring Your Own Deviceの略で、自分のノートパソコンやタブレットを学校に持ってきて学習に用いることを指します。神戸大学では2019年から、情報化社会に対応する力を持つ人材の育成・デジタル技術を教育に取り込んでより良い学びを提供するために、パソコンの必携化を実施しています。

最近はコロナ禍の影響で非対面でのサービスやオンライン授業などが重要視されていることもあり、神戸大学構内のデジタル化はますます進んでいます。具体的には、卒業・修了証明書、成績証明書などの証明書発行には、オンライン申請が導入されています。また、図書館ではスマホ入館サービスや、オンラインで図書館員に文献の調べ方などを質問できるチャット機能が用意されており、接触や手間を削減する環境づくりが進められていました。

DXセミナーの開催

神戸大学は、積極的に学内外向けのDX講座を開催しています。2022年3月14日には「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択されているDX化推進校として、開発・導入を行ったデジタル化教材や施策の効果を紹介する報告会を行っています。2020年9月6日にはYouTubeを用いて、新型コロナウイルス感染拡大による社会の変化にどう対応していくか、どのように「Society5.0」で活躍できる人材を育成するかについて議論するシンポジウムを開催しました。

また、数理・データサイエンスセンターではDXを活用して事業の効率化やイノベーションを企画する学外の社員や職員に向けてDXセミナーを開催し、地域社会全体のDX化促進に貢献しています。

参考サイト:「「Withコロナ」時代の産官学連携によるDX戦略と大学の意義~神戸大学のチャレンジ
参考記事:「神戸大学DXシンポジウム「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」事業報告
参考記事:「ミドルマネジメント向けDXセミナー

学内のデジタル活用

神戸大学は、インターネットや情報技術の進歩にともない、今後あらゆる場でデジタル化に対応し、使いこなす力が求められると予測しています。そこで、数理・データサイエンスセンターを中心に数理・データサイエンス・AIに関する様々な授業を開講しています。

学部生向けカリキュラムとしては、数理・データサイエンス・AI教育プログラム、数理・データサイエンス標準カリキュラムコース、法学部生・経済学部生・経営学部生を対象とした社会科学系データサイエンス・AIカリキュラムコース、そして「尖ったデータサイエンティスト」を育成するために組織された研究チーム「神戸データサイエンス操練所」が用意されています。学生は目的や需要に応じてコースを選択できるため、実用的な知識や技術を取得することが可能です。

参考サイト:「数理・データサイエンスセンター

LMSの高度化

神戸大学ではLMS BEEFという学修支援システムが導入されています。BEEFとは、Moodleというソフトをもとに神戸大学が独自のカスタマイズを加えたシステムです。BEEFは資料の閲覧やダウンロード、アンケート機能や課題提出など基本的な機能から、学生のアクティビティや理解度・満足度を把握する機能やコメントや意見を授業中に共有するフォーラム機能まで備わっています。

BEEFで授業スケジュールを掲示すれば、紙媒体で予定やお知らせを作成する必要がなくなるので、ペーパーレスの推進や学生のプリント忘れ防止・欠席者への連絡がかんたんに行えます。このように、BEEFは学生・指導者のどちらも無駄な時間や手間を削減し、授業に集中できる環境づくりに貢献しています。

現在BEEFはオンライン授業・オフライン授業のどちらでも活用されており、新たな学びを形作っています。

参考サイト:「情報基盤センター LMS BEEF
参考記事:「神戸大学LMS BEEF活用事例集

評価項目

今回は、大学の公式ホームページや大学の取材記事などを基に、DX化に関する大学の取り組みの有無について独自に調査しました。ここでは、採点に利用した30項目を3つの観点について分類した上で、DXにおけるポイントや学生本位となる大学運営について解説します

方針・施策について(観点①)

DX化を進める上での方針や施策、DX化やICT活用に関する部署の有無、民間企業や行政との連携、プロモーションにおけるメディアの活用など、DX化に向けた組織作りや方向性などが示されているかを評価しました。

  • 民間企業との連携によりデジタル化推進の実績がある
  • 産学官連携によるDX化のプロジェクト企画が行われている
  • 大学独自のデジタル化指針を公表している
  • 文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択されている
  • 大学でDX人材の育成を宣言、または育成カリキュラムがある
  • DX推進課やICT活用室など明確にDX化に関する部署がある
  • Webを通じたプロモーションがメディアに取り上げられている

学校業務や授業の効率化について(観点②)

大学運営側の視点から、ICTを活用した業務の効率化に関する取り組みについて評価しました。ペーパーレス化やオンライン授業の導入、予約システムの利用など授業や業務の効率化・省人化に関するものが主に含まれます。

  • 各キャンパスごとに情報環境の運営をする部署(例:情報センター)がある
  • 施設利用などに予約システムの導入を行っている
  • 授業のオンライン化実績が確認される
  • 授業のオンライン化が体制化、対面とオンラインのハイブリッド運用が確立している
  • 講義においてデジタル活用を前提とした大学指定のデバイスがある
  • BYOD(Bring Your Own Device)を導入している
  • 学内の手続きや授業において、ペーパーレス化を宣言して取り組んでいる

在校生・卒業生・受験生向けの取り組みについて(観点③)

DX化として重要な観点となるユーザー側、大学では学生向けの取り組みで、今回は在校生だけでなく、卒業生や受験生への取り組みも含めました。証明書類の申請やオープンキャンパスのオンライン化など、大学に関わる人々がよりよく過ごせるような取り組みがなされているかを評価しました。

  • 公式ホームページの更新頻度は3日に1度以上である
  • ホームページにアクセスする上でサイトの表示速度が十分にある
  • 大学の情報発信を目的としてYouTubeチャンネルを開設している
  • 大学公式のTwitter/Instagram/Facebookの公式アカウントがある
  • 大学公式SNSの更新頻度は週1以上ある
  • 学生の質問にチャットボットを導入して対応している
  • 緊急時などのメール通知機能がある
  • 大学が提供するアプリケーションがある
  • 在学証明書などの発行をオンラインで申請できる
  • キャリア・就職支援についてオンライン相談を行っている
  • オンラインでのオープンキャンパスが実施されている
  • 留学生の誘致を目的として、多言語でのオンラインセミナーなどを実施している
  • moodleやGoogle classroomなどの学習支援システム(LMS)を活用している
  • 在校生や教員はOffice 365などのソフトウェアが使える
  • 大学図書館の所蔵資料がWeb上で電子データとして閲覧できる
  • 大学独自のクラウドストレージサービスがある

これらの評価項目は調査を継続し、随時追加、更新を行っていく予定です。

神戸大学|調査のまとめ

神戸大学は学内におけるDX化はもちろん、豊かな研究資源を生かし企業と連携することで、社会の発展・デジタル化促進にも大きく貢献していることが確認できました。学内外ともにDX化を推進している神戸大学は、大学DXにおいて先進的な取り組みを行っていると言えるでしょう。

そんな神戸大学に期待される今後の取り組みとしては以下の通りです。

キャンパスごとの情報環境の運営をする部署の設置
神戸大学は7キャンパスありますが、情報に関する施設は1キャンパスでしか確認できませんでした。設置数を見直すことで学生に寄り添った対応、そしてさらなる教育効果が期待されます。

AIチャットボットの導入
神戸大学は学内のDX化推進によって、対面での対応を最小限に抑えていました。チャットボットの導入を行えば、学生は時間を気にせず疑問を解決でき、職員はよくある質問への対応時間を削減することが可能です。

神戸大学のDX化における取り組みは非常に先進的であり、全国の大学がDX化に舵を切る今こそ、その取り組みに注目するべき大学です。

また、文部科学省主導で大学等の高等教育DX化に対して、

デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン
成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT-Pro)

などのDX化に関する取り組みを実施しています。

大学におけるRESERVA予約システムの活用

神戸大学でも行われているDX化による利便性の向上や、ICT活用による業務の効率化、省人化。こういった課題にかんたんに取り組めるのが「SaaS型予約システムの導入」です。当社が提供する予約受付システム「RESERVA」(https://reserva.be/は、20万の事業者・官公庁に導⼊されている国内最⼤級のSaaS型予約システムであり、大学や専門学校などの教育機関でも導入が増えている、最も選ばれている予約システムです。業務の効率化を進めて、より先進的な大学運営の仕組み作りに向け、業務の効率化に貢献します。

予約システムRESERVAの概要はこちら

教育機関で活用されている予約システム紹介

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。