HTMLエディタを活用して、メニュー詳細画面を自由にカスタマイズしよう!【RESERVA機能紹介】

HTMLエディタを活用して、メニュー詳細画面を自由にカスタマイズしよう!【RESERVA機能紹介】

更新

RESERVA予約システムの管理画面では、メニュー詳細画面をHTMLエディタで編集することができます。
こちらでは、RESERVA予約システムの「HTMLエディタ編集機能」について詳しく解説します。

HTMLエディタ編集機能の概要

HTMLとは?

HTMLとは「ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)」の略で、WEBページを作成するための言語です。「タグ」を活用して、文字・テキストに意味を与えます。
また、「HTMLエディタ」と呼ばれるHTMLの編集に特化しているテキストエディタを使用すると、タグの自動補完ができたり、他ファイルとの連携がかんたんになります。

RESERVA予約システムのHTMLエディタ編集機能を活用すると、以下のようなメニュー詳細画面が実現します。

・目立たせたいテキストのカラーやサイズを変更
・予約サイトを自由にカスタマイズ
・メニュー詳細画面にリンクを追加し、ホームページなどへ遷移

HTMLエディタの利用可能ツール

HTMLエディタ編集機能で利用できるツールは以下です。

ツール機能
太字文字のストロークを通常の書体より太くします
斜体テキストを斜めに傾けます
下線テキストの直下に線を引きます
文字色テキスト自体のカラーを選択できます
テキストの背景色を選択できます
文字サイズテキストのサイズを10~20pxから選択できます(2px間隔)
リスト「・番号なしリスト」または「1.番号付きリスト」から選択できます
リンクリンクを挿入できます
画像画像を挿入できます
画像の位置を「なし」「左寄せ」「中央寄せ」「右寄せ」から選択できます
画像にタイトルをつけたり、リンクを挿入できます
文字揃え「左揃え」「中央揃え」「右揃え」「両端揃え」から選択できます
HTMLのソースコード表示HTMLのソースコードを表示できます
HTMLエディタ編集画面

利用条件

予約タイプ:すべての予約タイプ
料金プラン:ゴールドプラン以上

HTMLエディタ編集機能は、ゴールドプラン以上のすべての予約タイプで利用できます。

まとめ

本記事では、RESERVA予約システムの「HTMLエディタ編集機能」について解説しました。テキストのカラーやサイズを変更して、オリジナリティあふれる予約サイトにカスタマイズできますので、ぜひご活用ください。

本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2022年12月のものです。今後、これらの機能・サービスなどが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。