ホームページに予約ページを埋め込む!【RESERVA機能紹介】

ホームページに予約ページを埋め込む!【RESERVA機能紹介】

更新

ホームページやニュースを見ていたらTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)の投稿が埋め込んである、なんてことはよくありませんか?

試しに最近始めた弊社のツイートをブログに埋め込んでみました。ツイート上部を押すと、Twitterに移行します。

埋め込み機能とはホームページやブログ上に、TwitterやInstagramなど「外部サイト」を埋め込むことです。

今回は埋め込み機能の中でも予約サイトの埋め込み機能について詳しくご紹介します。

RESERVA埋め込み機能って何・・・?
RESERVA予約サイトをホームページに埋め込む方法がわからない・・・

このようにお考えの事業者様、必見です。

すでに、RESERVA埋め込み機能の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「具体的にどう埋め込むの?」からご覧ください。

RESERVA埋め込み機能とは!?

利用可能プラン:エンタープライズプラン以上
利用可能タイプ:すべての予約タイプ

RESERVA埋め込み機能(インラインフレーム機能)とは自社ホームページやブログに予約ページを埋め込むことです。

インラインフレーム機能を利用しますと、自社ホームページやブログにRESERVA予約ページを埋め込むことができ、ホームページの一部としてRESERVAの予約ページを表示させることができます。

なぜ埋め込むの?埋め込み機能の魅力

1.予約しやすい

埋め込み機能を使用した場合・・・

ホームページ内に予約画面があるため、お客様を予約へ誘導しやすくなります。お客様が携帯からホームページを見て予約する場合、埋め込み機能で予約サイトが埋め込んであるとスムーズに予約ができます。

つまり埋め込み機能を使うと、埋め込み機能を使わなかったときよりも予約率が上がる可能性があります。

さらにホームページに予約ページを埋め込むことで、同じドメインで予約することができます。

ドメイン・・
インターネット上の住所のこと。
http://reserva.●●●●●●.com  http://続く部分をドメインといいます。

★予約サイトをホームページに埋め込んだ場合の予約時のドメイン

 

★埋め込み機能を使わなかった場合の予約時のドメイン

一方で埋め込み機能を使用していない場合、ホームページ内の予約ボタンから予約ページに飛ぶ必要があります。そのため、お客様によっては二度手間と感じる場合があります。

2.綺麗で見やすいホームページ

予約サイトをホームページと統合することができるため、スタイリッシュで綺麗な自社サイトを作ることができます。

具体的にどう埋め込むの?

埋め込み方法は、予約サイトのURLをホームページにコピー&ペーストするだけです。今から予約サイトのURLを発行する具体的な方法をご紹介します。

動画で変更方法を確認したい方へ

動画で予約サイト埋め込みの設定方法を確認したい方は、ぜひこちらの動画をご覧ください。

RESERVA公式Youtubeチャンネル ※音が出ますので、音量に注意してください

RESERVA公式YouTubeチャンネルでは、RESERVA予約システムをご利用いただいているすべてのお客様に向けて、機能紹介動画を随時配信しています。予約タイプの説明から最新機能の紹介など、幅広い情報を提供していきますので、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

予約サイトの埋め込み方法

1.管理画面の「集客・タグ > サイト埋め込み」メニューを選択します。

2.フレームサイズを設定してください。

3.フレームサイズを設定すると、HTMLコードが自動的に表示されますので、そのHTMLコードをホームページやブログ記事の中など、表示させたい場所に貼り付けます。

上記の方法で、実際に埋め込んだものがこちらになります。今回は縦410、横730の大きさで埋め込んでいます。

こちらはサンプルサイトですので、ここから予約しても実際に施設は利用できません。

まだホームページを持っていない・・という方は、ホームページ作成のおすすめ5選をご紹介します。

既にお持ちの方は、お持ちのホームページ管理画面を確認し、埋め込み機能をぜひご活用ください。

他にもまだある!RESERVAエンタープライズプランだけの魅力

「エンタープライズプラン」とはRESERVA予約システムの中で最上級のプランになります。このプランを使うと、豊富な機能をご利用可能です。その中でもエンタープライズプランだけのおススメ機能についてご紹介します。

料金について詳しくはこちらからご覧ください。

顧客を10,000件登録できる

フリープランは登録顧客件数が500件までの上限がありますが、エンタープライズプランではその20倍の10,000件の顧客を登録することができます。

顧客の数が多い大手企業様に特におすすめの機能です。

こちらの顧客件数は累計数ですので、フリープランをご使用で登録顧客件数が500件を超えてしまった場合は、それ以降の顧客情報が表示されません。

顧客情報を持っていると、年代やプラン別などで絞ったメルマガの配信やクーポンの発行が可能になります。

電話サポートを利用できる

フリープランからゴールドプランをご利用のお客様はメールでの対応になりますが、エンタープライズプランをご利用のお客様は電話でご相談を受け付けております。
特にパソコンが苦手な方や予約システムを初めて使う方には安心のサポートです。

RESERVA予約システム作成のサポートご希望の方は、
予約システムの作成を無料でサポート!【RESERVA機能紹介】
でご確認ください。

スマートロック連携

スマートロックサービスのRemoteLOCKと連携することで、予約サイトからの予約時に自動的に入出用暗証番号を発行し、ご利用時にシームレスに入室することができます。

その他

そのほかどのような機能があるか知りたい方はこちらをご覧ください。

※iOS14のiphoneに関しては、safariのみ表示されます。

まとめ

いかがでしたか。今回は自社ホームページやブログに予約ページを埋め込める、埋め込み機能(インラインフレーム機能)の魅力や使い方について紹介しました。

埋め込み機能は、お客様と運営者側両方にとってメリットがある便利機能です。今回の記事で埋め込み機能の導入をご検討の方は、エンタープライズプランへのプランアップをご検討ください。

【関連記事】
無料でホームページ作成!初心者向けツール5選
【一から学ぶメルマガ講座】基本構成から書き方まで伝授!~ネイルサロン編~
予約カレンダーを外部サイトに埋め込もう!【RESERVA機能紹介】

本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2021年3月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。