予約増加に直結する画像の力|見る人を惹きつけるビジュアル戦略を解説

予約増加に直結する画像の力|見る人を惹きつけるビジュアル戦略を解説

更新

予約サイトにおいて、画像の選定はとても重要です。適切な画像を掲載することで、サービスの魅力が直感的に伝わり、サイト訪問者の意思決定に大きな影響を与えます。そのため、画像の選定には細心の注意を払わなければなりません。

予約サイトに掲載する画像には、ターゲット層の視点を反映させること、構図に注意を払って撮影を行うこと、そして、サービス体験の魅力を伝えることが求められます。さらに、メイン画像だけでなく、サービスの具体的な内容を説明する画像もとても大切です。

本記事では、予約サイトでの画像の潜在的な価値を明らかにし、その効果的な活用方法を探ります。

予約サイトにおける画像の重要性

予約サイトに掲載される画像は、サイトを華やかにするだけではありません。魅力的で明るい写真は、サービスや商品の情報を視覚的に伝え、テキスト以上に直接的に顧客の意思決定に影響を与えます。

そのため、高品質で目を惹く画像を掲載することが、予約サイトの予約数を増加させる上で必須です。

画像を掲載するうえでの注意点

ターゲット層の視点を反映

掲載する画像を選定する際には、ターゲット層の視点を考慮することが必要です。具体的にどのような顧客を惹きつけたいのかを明確にし、その層が価値を感じる内容をヴィジュアルとして表現することが求められます。

たとえば、ファミリー向けのリゾートを宣伝する場合は、子どもたちが楽しんでいる様子を捉えた画像や、家族全員が一緒に活動している画像を掲載すると効果的です。このようにターゲット層に合わせた画像を選ぶことで、サイト訪問者の共感を誘い、提供するサービスへの関心を高めることができます。

画像の構図への意識

画像の構図を意識することは、サイト訪問者の注意を引き、関心を持続させるためには不可欠です。構図によっては、画像は情報を効率的に伝え、強い印象を残せます。

写真の中で被写体をバランスよく配置することで、画像全体を際立たせることができます。また、画像内の要素を適切に配置して余計な要素を排除することで、伝えたいメッセージをはっきりさせることが可能です。

現地の雰囲気を伝える

予約サイトにおいて、ビジュアルを通じて現地の雰囲気を伝えることは大切です。特に、人々がダイナミックに動く活動、自然の美しさなどを捉えた画像は、サイト訪問者に強い印象を与えることが可能です。これらの生き生きとした描写は、見る人にその場にいるような感覚を与え、実際に体験をしてみたいと思わせる効果があります。

メイン画像以外の掲載

予約サイトに画像を掲載する際は、メイン画像以外にも、具体的なサービスを説明する画像が必要です。特に、店舗が推しているサービスがある場合、その詳細を撮影した写真を使用するのが望ましいです。これにより、サイト訪問者は店舗のセールスポイントを把握することができます。

また、メニューごとに異なる特徴を捉えた写真を使い、それぞれの価値を明確に表現することも重要です。

RESERVAに画像を掲載して魅力ある予約サイトに

画像引用元:RESERVA公式サイト

予約サイトにおける画像掲載機能は、ユーザーがサービスの魅力や詳細を視覚的に確認できる一方で、画像が多すぎるとサイトの読み込みが遅くなり、ユーザーがストレスを感じることもあります。そこで、事業者がパフォーマンスの高い予約システムを導入することで、ユーザー体験を向上させ、顧客満足度を高めることができます。ユーザーにとっても、画像の魅力を通じてサービス内容をすばやく理解できれば、サービス予約時の不安が解消されます。

この点で事業者におすすめなのが、登録事業者数27万社以上を誇る予約システムRESERVAです。高機能でありながらもユーザーフレンドリーなRESERVAは、画像の最適な表示と管理を通じて、顧客エンゲージメントの強化に貢献します。

RESERVAでの画像の表示

トップ画像・ロゴ画像

RESERVA予約サイトでは、トップ画像とロゴ画像をそれぞれ設定できます。

トップ画像とロゴ画像について詳細はこちら:トップ画像・ロゴ設定で店舗イメージをアップ!

写真ギャラリー

メニューの説明画面では、ギャラリーとして写真を掲載することが可能です。商品やサービスに関連した写真を登録することで、サイト訪問者はサービスの具体的なイメージを持つことができます。

写真ギャラリー機能について詳細はこちら:写真ギャラリー機能を活用して見やすいサイトにしよう!

効果的な画像を掲載しているRESERVA事例紹介

conakucha (コナクチャ)

画像引用元:conakucha予約サイト
画像引用元:conakucha予約サイト

予約サイト:https://reserva.be/conakucha

conakucha(コナクチャ)は、自宅で気軽に作れるパンやケーキの作り方を楽しみながら学べる料理教室です。メニューは塩トリュフロールやチョコレートクリームパンのような定番から、こいのぼりちくわパンのような季節限定のパンまで幅広く取り扱っています。

予約サイトでは、店舗のロゴがトップ画像に使用されています。ロゴは、パンのイラストと「Have a good life」という店舗のコンセプトの文章にて構成されており、見る人に温かみと親しみやすさを感じさせるデザインになっています。

また、各メニューは異なる角度や盛り付けで撮影された複数の写真がギャラリーにて掲載されており、これによってサイト訪問者はメニューのビジュアルを具体的に把握できます。

リバーサイドサウナ サウナンヤルケン

サウナンヤルケンは、埼玉県飯能市の入間川沿いにて貸し切りのテントサウナを運営しています。自然と触れ合いながらサウナが楽しめるのがこのサウナの特長のひとつで、利用後に川に入ることも可能です。

予約サイトのメニュー選択画面には、「スタンダードプラン」「飲み放題プラン」「BBQ」など、それぞれのメニューに対応した画像が一枚掲載されており、サイト訪問者が各メニューの特色を一目で把握できるデザインになっています。

さらに、メニューの説明欄では、サウナの内部や外観、川で水浴びを楽しむ人々の様子といったメニューの詳細がギャラリーによって表示されています。これにより、サイト訪問者は各メニューの全貌を詳細に把握できます。

このようなメニュー選択欄の一枚の画像と、メニュー説明欄のギャラリーの組み合わせは、予約サイトの利便性をさらに高めています。

まとめ

本記事では、予約サイトにおける画像の効果的な活用方法に焦点を当て、具体的な事例を通じてその重要性を詳しく解説しました。画像は単なる飾りではなく、サービスの魅力を直感的に伝え、顧客の予約意欲を高める役割を担います。

予約サイトの運営方針に悩んでいる事業者の人は、是非本記事を参考にしてみてください。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。