フィールド運営を変える一手|予約システム「RESERVA」でサバイバルゲーム運営を次のレベルへ

フィールド運営を変える一手|予約システム「RESERVA」でサバイバルゲーム運営を次のレベルへ

サバイバルゲームとはアウトドアスポーツの一種で、参加者が模擬銃を用いてチーム対抗戦を行う競技です。特にチームスポーツ愛好者にとって、戦術やチームワークが勝敗を左右する点が魅力となっています。

そんなサバイバルゲームのフィールドを運営する事業者のなかで、予約システムの導入が注目されています。予約システムを導入することで事前の参加予約やスケジュール管理が効率化され、参加者がスムーズにゲームを楽しむことができます。

特に、「RESERVA(レゼルバ)」というクラウド型予約システムは、サバイバルゲーム運営に最適な機能を多数搭載しています。例えばオプションメニュー設定によって、装備のレンタル品を提供することが可能です。また、団体予約機能を利用することで複数人数の参加者の管理が容易になります。

本記事では、このようなRESERVAを活用することで得られる具体的なメリットと、実際に導入している事例を詳しく解説します。

サバイバルゲームとは

サバイバルゲームは、戦術的なアウトドアスポーツの一種で、参加者が模擬銃(主にエアソフトガン)を使用してチーム対抗戦を行います。ゲームは旗取りゲームやバトルロワイヤルなどの形式で行われ、戦術やチームワークが勝敗を左右します。ゲームフィールドとしては森林や廃墟、またはサバイバルゲーム専用のバトルフィールドが用いられることが一般的です。

サバイバルゲーム運営に予約システムを導入するメリット

当日の混乱を避けられる

サバイバルゲーム運営において予約システムを導入するメリットの一つは、当日の混乱を避けることができる点です。サバイバルゲームは装備の準備やチーム分けなど、開始前に多くの手順を要します。そのため、イベント当日に参加者の受付が集中すると、運営がスムーズに進まなくなる可能性があります。

予約システムを利用することで、運営側は参加者数を正確に把握することができ、人数に見合った装備の準備、適切なスタッフ配置を事前に行えます。また、参加者側も予約によって自身の参加が確定しているため、当日は安心してイベントに臨むことができます。

効率的なスケジューリングが可能

予約システムにより、ゲームフィールドや装備の利用可能な日時を一括で管理可能です。そのため運営側はダブルブッキングを防ぎつつ、リソースを最大限に活用することができます。

売上の増加が見込める

予約システムでは、顧客データを効果的に収集し、分析することで参加者の傾向や好みを把握可能です。そのため、得られた分析結果をもとに効果的なマーケティング戦略を策定し、顧客のニーズに合わせたイベントを企画・実施することができます。

また、予約情報からどの曜日・時間帯のイベントが人気であるかを把握することで、需要が集中する日に適切なリソースを割り当てられるようになり、収益向上が期待できます。

予約システム「RESERVA」でサバイバルゲーム運営がより効率的に

画像引用元:RESERVA公式サイト

サバイバルゲームの運営において、予約システムの導入はただ効率化する以上の意味があります。 デジタル化が進む現代では、顧客の期待はますます高まり、迅速かつかんたんにアクセス可能なサービスが求められています。予約システムを導入することで、これらのニーズに効果的に応えることができます。さらに、顧客データの収集と分析を通じて、サービスの質を継続的に改善し、競争力のある市場での立ち位置を強化することが可能です。

RESERVA(レゼルバ)は、導入数28万社を誇る、予約システムシェア国内トップクラスのクラウド型予約管理システムです。業界・業種問わずあらゆるビジネスに対応しており、350種類以上の業態でRESERVAが利用されています。アカウント発行から予約システム作成完了まで最短3分で、永久無料で使えるフリープランもあるため、導入コストを低くしたい・使用感を確かめてから導入したいといったサバイバルゲーム運営者にもおすすめです。

サバイバルゲームに最適なRESERVAの詳細は、こちらをご覧ください。

サバイバルゲーム運営に向いているRESERVAの機能

オプションメニュー設定

オプションメニュー設定機能を利用することで、運営者は予約サイト上でレンタルサービスを提供できます。例えば、特殊な迷彩服、高性能エアガン、追加の保護装備など、さまざまなオプションメニューを設定可能です。

各オプションに料金を設定することにより、運営者は追加の収入を確保できます。これにより、経済的利益と顧客満足度の向上が見込めます。

・オプションメニューについてはこちら:オプションメニュー設定でサービスや備品を追加!

団体予約

団体予約機能も非常に利便性が高いです。この機能を利用することで一人の代表者が複数人分の予約をまとめて行うことができ、参加者が個別に予約手続きをする手間を省きます。

さらに、この機能では予約可能人数の上限・下限を設定できるため、イベントに適した参加者数を管理可能です。例えば、大人数の参加が予想されるイベントの場合は最大予約人数を設定して予約の過剰を防ぎ、参加希望者が公平に参加できる機会を確保します。またフィールドの貸し切り予約を受け付ける場合、最少予約人数を設定することで経済的利益が出ない予約を防ぎます。

・団体予約設定についてはこちら:団体予約で効率よく収益UPを目指そう!

残席数表示

サバイバルゲームの運営において、サイト訪問者が残席状況をリアルタイムで確認できる残席数表示機能はとても便利です。この機能により、運営者は予約カレンダー上に現在の残席数を表示でき、サイト訪問者は即座にそれを把握することが可能です。

サバイバルゲームは複数人で参加することが多いイベントです。そのため、残席数が少ない場合にその数字が明確に表示される機能は、参加を検討している人々にとって非常に役立ちます。残席数が分かることで、知人を誘って参加するかどうかの決断がしやすくなります。

・残席数表示についてはこちら:残席数表示機能で予約申込を促進しよう!

RESERVAを導入しているサバイバルゲーム運営者の事例

CQB(シーキュービー)フォレスト

CQB(シーキュービー)フォレストは埼玉県大里郡寄居町に位置するサバイバルゲームフィールドで、初心者から経験者まで幅広いプレイヤーを対象に営業しています。このフィールドの特徴は、一発ずつの狙撃戦であるセミオート戦を基本としていることです。これによって、初心者でもサバイバルゲームの醍醐味を存分に味わうことができます。

予約サイトでは、誰でも自由に参加できる”定例会”と、参加者が主催となってゲームを行う”貸し切り”の両方の予約が可能です。また、ゲーム開始の4時間前まで予約を受け付けているため、忙しいビジネスパーソンの人でも参加しやすいです。

おったまげわいわいサバイバルゲームフィールド

おったまげわいわいサバイバルゲームフィールドは、山口県防府市にあるサバイバルゲームのフィールドです。このフィールドは林の中に大型バリケードを設置していることが特徴で、参加者は市街戦を彷彿とさせる接近戦を楽しむことができます。

予約サイトでは、定例会や若手主催の土曜ゲームなど、さまざまなイベントの予約を受け付けています。予約による参加を原則とすることで人数管理を徹底し、ゲームの質を高めるとともに安全管理にも努めています。

(ティーエスエフ)

画像引用元: TSF予約サイト

参考:TSF公式サイト
予約サイト:https://reserva.be/tdf

TSF(ティーエスエフ)は、岡山県岡山市にある貸し切り専用のサバイバルゲームフィールドです。このフィールドの特徴は、1日1組限定で貸し切り営業を行っていることです。そのため、参加者は仲間内だけで自由にゲームを楽しむことができます。また、ゲームの進行は参加者が自ら行う必要があるため、ゲームメイクが可能な団体のみが予約を行えます。

予約サイトでは、利用人数に応じて変動するフィールド使用料が明記されています。これによって費用の見通しが立つため、参加者は安心してフィールドの予約ができます。

まとめ

今回は、サバイバルゲーム運営に予約システムを導入するメリット、その中でもRESERVA予約システムが最適である理由などを解説しました。サバイバルゲーム運営に悩んでいる事業者の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。