顧客情報一括登録機能で管理者側の負担を軽減!【RESERVA機能紹介】

顧客情報一括登録機能で管理者側の負担を軽減!【RESERVA機能紹介】

更新

「顧客の情報を一人ずつ登録する負担が大きい」とお思いの事業者様はいらっしゃいますか?

今回はそのお悩みを解決できる機能「顧客情報一括登録機能」についてご説明します。かんたんに活用できるので、少しでも興味のある方はこちらの記事を参考に、ぜひ機能を試してみてください。

すでに、顧客情報一括登録機能の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「顧客情報の一括登録方法」からご覧ください。

顧客情報一括登録機能の基本情報

顧客情報一括登録機能とは

RESERVA予約システムでは、予約時にお客様が入力したメールアドレス、電話番号などを入力し、顧客登録ができます。しかし、顧客情報をひとりひとり入力し、その都度登録していくと手間がかかってしまいます。
RESERVA予約システムの顧客情報一括登録機能では、複数人の顧客の情報をリストに入力し、一括で登録できます。そのため、管理者の負担を軽減し、業務効率の上昇が見込めます。

顧客情報一括登録機能の概要

利用可能プラン:すべてのプラン
利用可能タイプ:すべてのタイプ(サービス提供・施設予約・宿泊施設・スクール・イベント)

RESERVA予約システムの顧客情報一括登録機能は、すべてのプラン、すべての予約タイプでご利用いただけます。

各プランでご利用いただける機能の比較については、下記をご覧ください。
RESERVA予約システム料金プランの詳細はこちら

すべてのプランでご利用いただける他機能については、下記をご覧ください。
写真ギャラリー機能を活用して見やすいサイトにしよう!【RESERVA機能紹介】
来店・来場処理機能で予約からサービス提供までを管理!【RESERVA機能紹介】
サブ管理者設定でさらにセキュリティを強化!【RESERVA機能紹介】

顧客情報の一括登録方法

顧客情報の一括登録方法はとても簡単なので、みなさんもぜひ記事を参考に登録してみてください。

まず予約管理画面から、「顧客管理>リスト取り込み」を選択します。

上のような画面が表示されますので、「テンプレートダウンロード」をクリックします。

上のようなExcelファイルがダウンロードされますので、ファイルを開き、登録したい顧客の情報を入力していきます。

顧客情報をファイルに入力し終わったら、「リスト取り込み>ファイルを選択する」で、先ほど顧客情報を入力したExcelファイルを選択します。
最後に「確定する」をクリックすれば、一括登録完了です。

顧客に関して役立つ他機能の紹介

会員限定メニューで顧客の入会を促進

RESERVA予約システムの会員限定メニュー機能は、ゴールドプランから各予約タイプでご利用いただけます。

この機能をご利用いただくと、会員になるメリットを明確にでき、会員の方に向けたサービス(メルマガ・クーポンなど)も提供できます。

詳しくは下記記事をご覧ください。
会員限定メニューを設定して顧客の入会を促進しよう【RESERVA機能紹介】

まとめ|関連記事

いかがでしたでしょうか。今回は、顧客情報一括登録機能について解説しました。

RESERVA予約システムには他にも便利な機能が多数実装されており、RESERVA Digitalではそれらの解説を行っていますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
その中で、もし使ってみたい機能がありましたら機能の追加をご検討ください。

【関連記事】
CSV出力機能を活用して顧客情報を整理しよう!【RESERVA機能紹介】
予約情報を分析して改善点を発見!【RESERVA機能紹介】
サンキューメールの使用方法から例文まで徹底解説【RESERVA機能紹介】

【さいごに】
本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2021年3月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。