領収書を発行して、利用料や月額費の決済を管理しよう!【RESERVA機能紹介】

領収書を発行して、利用料や月額費の決済を管理しよう!【RESERVA機能紹介】

更新

RESERVA予約システムでは、予約メニューと月額プランに対して領収書を発行できます。
こちらでは、RESERVA予約システムの「領収書発行機能」について詳しく解説します。

領収書発行機能の概要

予約メニューの利用料や月額プランの決済に対して、管理者が領収書を発行できます。領収書の出力に関しては、管理者限定・お客様自身のいずれも設定でき、管理者は予約詳細画面から、予約者は独自会員マイページから発行できます。これにより、オンライン実施のメニューでも予約者自身で領収書を出力することが可能です。予約サイト利用時にかかる決済の証明を、領収書として発行・保管できます。

発行元情報

発行元情報として、企業名(店舗名)、所在地、電話番号、社印を登録できます。社印は画像で登録可能なため、印刷後に押す必要がありません。

設定画面でプレビュー確認が可能

領収書

領収書発行の詳細として設定する項目は以下です。

発行有無「発行する」または「発行しない」から選択します
発行対象「予約メニュー」と「月額プラン」から選択します
摘要「但し、〇〇として」を入力します
「予約メニュー名」及び「月額プラン名」を記載することも可能です
出力可能者「管理者」及び「顧客(独自会員)」から選択します
出力可能回数「1~3回」から選択します(※管理者と予約者の出力を合算した回数)

・管理者と予約者どちらも発行可能
・オンライン実施のメニューにも対応
・予約にかかる決済履歴を書類で管理

お客様が領収書を出力するには、「独自会員機能」「来店・来場処理機能」をご利用いただく必要があります。
機能の詳細は、以下の記事をご覧ください。
会員番号で情報を管理し、会員限定メニューを作成しよう!【RESERVA機能紹介】
予約者の来店履歴を管理し、当日の無断キャンセルを把握しよう!【RESERVA機能紹介】

利用条件

予約タイプ:サービス提供タイプ、スクール・アクティビティタイプ、イベント・セミナータイプ、宿泊施設タイプ
料金プラン:エンタープライズプラン以上

※お客様自身が出力できる月額プランの領収書は、クレジットカード決済によって購入された月額プランに限定されます。

まとめ

本記事では、RESERVA予約システムの「領収書発行機能」について解説しました。予約や月額費にかかる決済の証明を、書類として発行・保管できますので、ぜひご活用ください。

本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2022年11月のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。