来店・来場処理機能で予約からサービス提供までを管理!【RESERVA機能紹介】

来店・来場処理機能で予約からサービス提供までを管理!【RESERVA機能紹介】

更新

RESERVA予約システムの「来店・来場処理機能」は、約者が実際に来店・来場したかを管理できる機能です。こちらでは、来店・来場処理機能の概要から詳細まで解説します。

来店・来場処理機能のメリット

来店・来場処理機能のメリットとしては次のようなものが挙げられます。

・予約者の予約情報・来店履歴を管理できる
・当日キャンセル・無断キャンセル(ノーショー)を把握し、対策を講じることができる
・予約者に向けた特典のお知らせを配信できる(メルマガ・クーポンなど)

たとえば、美容サロンやマッサージ店など、予約者の来店有無が仕事に直結する場合は、来店・来場処理機能を利用することで、効率的に予約者情報を管理できます。

来店・来場処理機能の基本情報の概要

  • 利用可能料金プラン:すべての料金プラン
  • 利用可能予約タイプ:宿泊施設タイプ以外の予約タイプ

RESERVA予約システムの来店・来場処理機能は、無料プランから宿泊施設タイプ以外の5つの予約タイプでご利用いただけます。来店・来場の管理は、予約管理画面の予約者情報にある「来店ボタン」をクリックするだけで、かんたんに来店・来場処理を行うことができます。

来店・来場処理機能の設定方法

予約管理画面の「基本設定>その他詳細設定」を選択します。その他詳細設定を開くと、スクロールしていった一番下に「来店・来場」の欄があります。

「来店・来場を利用する」にチェックをいれ、確定ボタンをクリックします。これで設定は完了です。

来店・来場処理までの流れ

では、設定が完了したところで、来店・来場処理を実際どのように行うのか、その流れをご説明します。

来店・来場処理は、予約管理画面の「予約管理」から確認することができます。

予約管理に飛ぶと、初めは予約カレンダーが表示されるため、赤枠で囲んでいる「予約一覧」を選択します。

すると、予約されたお客様情報がずらっと並び、その右側に来店ボタンが表示されます。

この来店ボタンは、予約当日に表示されるため、予約日が1日以上先の場合は、来店ボタンは表示されませんので、ご注意ください。

来店ボタンをクリックし、来店処理を行います。
緑色→グレーに変更されており、来店ボタン左が「来店/来場」になっていれば、来店処理が正常に行われています。

動画で設定方法を確認したい方はこちら

来店・来場処理機能の設定方法を動画で確認したい方は、ぜひこちらをご覧ください。

本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2021年2月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。