ワンタイムコードでより強固なセキュリティを構築しよう!【RESERVA機能紹介】

ワンタイムコードでより強固なセキュリティを構築しよう!【RESERVA機能紹介】

更新

RESERVA予約システムでは、管理画面へのログインに対して二段階の認証を求めることができます。
こちらでは、RESERVA予約システムの「二要素認証機能」について詳しく解説します。

二要素認証機能の概要

RESERVA予約システムの二要素認証は、管理画面へのログインに際して、従前のID/PW認証に加えてワンタイムパスコードを導入し、二要素での認証を行う機能です。ワンタイムコードは管理者(サブ管理者含む)のメールアドレスに送付されるので、そのコードを入力することではじめてログインが完了します。

・管理者以外の不正アクセスを防ぐ
・信頼性のある予約サイトの構築

管理画面ログインの流れ

二要素認証機能を導入した場合、管理画面へのログインは以下の流れになります。

①ID/PWを入力します
②ワンタイムパスコードがメールで届きます
③ワンタイムパスコードを入力します
④管理画面へのログインが完了です

二要素認証機能を活用する場合、事前にテストメールを送信してメールが届くのを確認してから有効にしてください。

利用条件

予約タイプ:すべての予約タイプ
料金プラン:エンタープライズプラン以上

二要素認証機能は、エンタープライスプラン以上のすべての予約タイプで利用できます。

まとめ

本記事では、RESERVA予約システムの「二要素認証機能」について解説しました。不正ログインや情報漏洩を防ぎ、より強固なセキュリティを実現できますので、ぜひご活用ください。

本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2022年11月のものです。今後、これらの機能・サービスなどが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。