Zoom連携機能でオンラインメニューを作成!【RESERVA機能紹介】

Zoom連携機能でオンラインメニューを作成!【RESERVA機能紹介】

更新

オンラインツールが普及したことで、場所を選ばずに参加できるオンラインレッスンやオンラインイベントの需要が急速に高まっています。

RESERVA予約システムでは、ビデオチャットツールのZoomとの連携機能が備わっており、RESERVA予約システム上でオンラインメニューの作成から予約リンク作成、オンライン決済までワンストップで提供可能です。本稿ではZoom連携機能の概要から設定方法まで解説します。

※Zoom連携機能は2021年11月8日からゴールドプラン以上の契約が必要となります。

すでに、Zoom連携機能の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「Zoom連携機能の設定方法」からご覧ください。

Zoom(ズーム)とは

画像参照元:「Zoom」公式HP

そもそもZoomについてわからない方に向けて、ここではZoomの概要を解説します。

Zoom(ズーム)とは、Zoomビデオコミュニケーションズが提供する、Web会議システムです。

インターネット環境のあるデバイスとZoomを使えば、いつでも、どこでも、オンライン上でWeb会議の開催が可能。さらにフリープラン(無料)から利用でき、面倒な設定も不要なので、だれでも気軽にWeb会議に参加できることが特徴です。

特に2020年4月頃から急速に広がった新型コロナウイルス感染予防対策として、人々は行動を制限され、企業ではテレワーク環境の整備や対応に追われました。

その中で、設備投資が掛からないZoomは大きく注目されるとともに、利用者が急激に増加しました。数あるWEB会議システムの中でも、Zoomの特徴は

  • 高水準な接続安定性
  • システムのインストールが不要
  • シンプルでわかりやすい操作画面

といったことが挙げられ、特にITツール操作が苦手な方や、パソコン初心者でもかんたんに扱えることが、利用者数を伸ばしたポイントでもあります。

RESERVA予約システムでは、今や世界中で最も利用されているWeb会議システムのZoomと連携をすることで、オンラインサービスの提供~予約までの利便性向上を実現しました。

オンライン予約メニューを導入するメリット

生活様式の変化やオンライン環境の急速な普及により、産業構造が大きく変化しています。企業規模・業界・業種を問わず、各ビジネスではオンラインを中心としたサービス提供を検討していく必要があります。

企業・店舗が、オンライン予約メニューを導入するメリットは4つあります。

オンライン予約メニューのメリット 内容詳細
感染症対策非対面コミュニケーションなので感染リスクがない
時間の有効活用移動が不要なので時間を有効に活用できる
場所の確保が不要セミナー会場や会議室などの会場を確保する必要がない
より多くの集客を実現遠方に居住している方や時間に制約がある方も気軽に参加可能

このように、オンライン予約メニューは、時間・場所を問わず開催できますし、予算がなくてもアイデアひとつで新たな顧客獲得につながります。

オンラインツールの活用は、特にスモールビジネス事業者にとって有効な手段といえるでしょう。

RESERVAのZoom連携機能の概要

RESERVA予約システムでは、Zoom連携機能を活用することで、管理画面上でZoomを使ったオンライン予約メニューの作成・予約管理が可能です。

対象料金プラン:ゴールドプラン以上
利用可能タイプ:

◇サービス提供タイプ(スタッフ指名あり・指名なし)
◇スクール・アクティビティタイプ
◇イベント・セミナータイプ

※施設予約タイプ、宿泊タイプでは利用できません

※Zoom連携機能は2021年11月8日からゴールドプラン以上の契約が必要となります。

Zoom連携機能の詳細マニュアルについては、RESERVA公式ヘルプページもご覧ください。

Zoom連携機能の設定方法

ここからは「サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)」を例に、Zoom連携機能の設定方法についてご紹介します。

※「スクール・アクティビティタイプ」「イベント・セミナータイプ」の設定方法は、公式ヘルプページをご覧ください。

1.  RESERVA管理画面にて「高度な設定>オンラインミーティング連携」と選択します。

2. オンラインミーティング連携画面が表示されたら「連携する」を選択します。画面がサービス認証画面へ遷移します。

3. サービス認証画面にて「認証する」を選択します。Zoom認証画面へ遷移します。

4. アプリ認証画面にて「アプリを承認できません」と表示されるので、「事前承認をとる」をクリックします。

5. 「RESERVAがZoomアカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので、「認可」を選択します。すると、Zoom連携設定画面へと遷移します。

6. Zoom連携設定画面が表示されたら、Zoomと連携するメニューを選択し、各項目を設定後、「次へ」をクリックします。

<各設定項目詳細>

  • ミーティング作成:ミーティングIDを自動で作成するか、管理者が手動で作成するか設定できます。
  • 来店処理:来店処理をミーティング参加時に自動で行うか、手動で行うか設定できます。(来店・来場処理機能を有効にしている場合のみ*
  • セキュリティ強化:有効にするとZoom連携のセキュリティを強化できます。(Zoom有料アカウントをお持ちの場合のみ、「来店処理」で自動来店を選択する場合はセキュリティ強化が必須になります)
  • 詳細設定:開催前参加、待機室をそれぞれ有効にするか、無効にするか設定できます。

*来店・来場処理機能の詳細は以下よりご確認ください
来店・来場処理機能で予約からサービス提供までを管理!【RESERVA機能紹介】

7. 続いてミーティングホスト設定画面で担当者にホストを紐づけします。※ホストを設定していない担当者はZoomミーティングを作成できません。

ホストと担当者を紐づけたら、「確定する」ボタンをクリックして、設定は完了です。

設定を完了後、再度「オンラインミーティング連携」の画面を確認すると、「連携中」と表示が変更されています。

動画でも解説しています!

Zoom連携機能で出来ること5選

RESERVAとZoomを連携させることで、別々に使い分けるよりも効率的な活用が可能です。ここでは、Zoom連携機能でできることを5つ紹介します。

予約者全員にミーティングURLを一括送信

RESERVAでオンライン予約が完了すると、対象予約者宛てに「オンライン参加情報のお知らせメール」が一括送信されます。※予約が承認制の場合は、予約承認後に送信されます

ミーティングのURLが一括で自動送信されるため、一人ひとり手作業で送信する手間を省き、送り忘れを防ぎます。

【お知らせメールのサンプル】

RESERVA上で操作がすべて完結

RESERVAとZoom連携が完了後は、オンラインミーティングの作成から開始まですべてRESERVA管理画面上で操作を完結できます。

RESERVAの予約カレンダー上でオンラインメニューの管理がされているため、Zoom側での確認は不要です。さらに予約管理画面では予約人数や予約者名を確認することもできるため、スムーズにオンラインメニューを開始できます。

【RESERVA予約カレンダー画面イメージ】

複数のホストを選択できる

Zoomの有料アカウントを使用すると、複数のホストの中から自由に選択可能です。※Zoomの有料アカウント契約が必要です。

ホストとは
Zoomにおけるミーティングの主催者のこと

また、ホストが一日に作成できるミーティングは上限300回となっています。「ホスト自動切り替え」にチェックしていると、300回を超えた場合にホストが自動で切り替わります。

自動来店処理ができる

予約者がオンラインミーティング参加したかを判別し、自動で来店処理を行うことができます。※Zoomの有料アカウント契約が必要です。

クレジットカードによる決済処理は売上確定のために、来店処理を行うことが必須です。しかしオンラインレッスンの場合は参加者が大勢になるケースが多いため、来店処理を一人ずつ手動で行うのは手間と労力が掛かります。自動来店処理設定を行うことで、来店確認・決済処理の自動化を実現します。

自動来店処理の利用には、RESERVA側で「来店・来場処理機能」の設定を行ってください。
来店・来場処理機能の詳細はこちら

セキュリティ強化

セキュリティ機能を有効にするとZoom連携のセキュリティを強化できます。※Zoomの有料アカウント契約が必要です。

具体的にはZoomのURLが個別で発行され、そのURLからは一人一回しか入れないようになります。一度ミーティングを退出してしまうと、再度ホストから招待をもらわなければ参加ができません。

予約ユーザーのZoomミーティング参加方法

予約者側のZoomミーティング参加方法については以下をご覧ください。お客様へミーティング参加方法を案内する際などにご活用ください。

①会員マイページまたは予約確認ページから参加する方法
→詳しくは「Zoomミーティングへの参加方法」へ。

②オンライン参加情報のお知らせメールから参加する方法
→詳しくは「Zoomミーティングへの参加方法」へ。

Zoom連携機能FAQ

Zoomミーティングの上限はある?

Zoomミーティングは有料無料どちらのプランにも関わらず、一日100回までしかミーティングを作れないという上限があります。一日に作るミーティング量に注意しながら作成しましょう。

Zoom無料プランは時間制限がある?

Zoomが無料プランの場合、3 人以上のミーティングには 40 分までという時間制限があります。1対1のミーティングの場合は、新型コロナウイルスを乗り越えるために40分の時間制限を解除する支援が実施されているため、無料プランでも時間制限はありません。

一度作成したミーティングの削除は可能?

一度作成したミーティングを削除する場合は、参加者の予約を残したまま予約管理画面の日程表からミーティングを削除できます。

ミーティングを一度削除すると、予約者に新しく「オンライン参加情報のお知らせメール」が自動で送信されます。

スマホやタブレットからでもオンラインメニューの開催・参加は可能?

可能です。オンラインメニューの開催者・受講者ともに、パソコンやスマホ、タブレットから開催・参加できます。

詳細マニュアル・解説動画はこちら

本記事では、RESERVAとZoom連携機能の概要から、利用方法まで解説しました。Zoomをすでに使ったことがある方はもちろん、使ったことがない方もこの機会にぜひチャレンジしてみてください。

Zoom連携機能について詳細を知りたい方は、RESERVA公式ヘルプページもご覧ください。

以下より、Zoom初期導入セミナー動画もご覧いただけます。スクール・イベント運営ご担当者様は、ぜひご覧ください。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。