無料で使える集客ツール!Googleマイビジネス活用講座 【Step1 概要~登録編】

無料で使える集客ツール!Googleマイビジネス活用講座 【Step1 概要~登録編】

更新

Googleマイビジネスをご存じですか?Googleマイビジネスを上手く活用することで、ビジネスの認知度や集客力アップにつながります。

最大のメリットは無料で使えることです。コストを掛けずにビジネスの認知度向上に役立ちますし、さらにGoogleマイビジネスとRESERVA予約システムを連携させることで、集客~予約の流れを一気通貫で行うことが可能です。

今回RESERVA Digitalでは、Googleマイビジネスの活用方法についてまとめましたので、全3回のシリーズに分けてお送りします。Googleマイビジネス登録がまだお済みでない方はもちろん、「登録はしているけれど検索順位が上がらない」とお困りの方にとっても役立つ情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなどGoogleのサービスにビジネスやお店などの情報を表示し、管理するための無料ツールです。

Google マイビジネスを活用することで、お店の商品やサービス、住所、連絡先をユーザーに知ってもらえる機会が増え、予約・問い合わせアップにつながります。

例えば「秋葉原 メイドカフェ」「銀座 寿司 おすすめ」「千代田区 ヘアサロン」といったように、スマートフォンでお店情報を検索した経験がある方も多いはずです。

位置情報と連動しているため、地名を入れなくても、現在いる場所から距離が近いおすすめのお店情報を表示してくれます。

例えば、渋谷に出かけた際にカフェで休憩したいときは「カフェ 個室」のように検索をすることで、渋谷にある個室カフェに該当するビジネスを表示してくれます。

参照元:Google検索結果画面「千代田区 ヘアサロン」

なぜGoogleマイビジネスは重要なのか

インターネットの普及によって、店舗の宣伝方法(広告)は、貼り紙やチラシ、新聞広告からインターネット上へと場所を変え、「オンライン検索」が主流になりました。

例えば、パソコンやスマートフォンで、行きたいお店の情報や「テラス席 ランチ」のように、好きな条件を入力するだけで、該当するお店情報一覧が瞬時に表示されます。

チラシや雑誌広告などは不特定多数の人に広く伝えることができますが、ネット広告の場合はニーズが高い人を直接呼び込むことが可能です。

Googleマイビジネスを登録し、見込み顧客が求める情報を網羅することで、ダイレクトに呼び込むことが可能です。

逆にいえば、Googleマイビジネスに登録していないということは、インターネット検索が主流となった現代において、ビジネスが認知されない状態になっているということです。

Googleマイビジネスの対象業態

Googleマイビジネスの対象は、業界・業種問わずすべての業態が対象です。実店舗を持たない訪問型のビジネスや、個人を対象としないBtoCビジネスでも登録可能です。中でも、実店舗がある美容サロン・クリニック・飲食店・スクールなどのBtoBビジネスは、特にGoogleマイビジネスを活用すべきです。

イメージが湧かない方は、Googleマイビジネスを始める前に、ご自身のビジネス名や業界名などのキーワードで検索をしてみましょう。

たとえば、港区内でネイルサロンを営むお店であれば、「港区␣ネイルサロン」と検索してみることで、どのような店舗が上位に表示されるか確認できます。

どのお店を上位表示させるかはGoogleのアルゴリズムによって決定されますが、Googleマイビジネスで上位に表示されるように対策をとることをMEO(Map Engine Optimization)と言います。

参照元:Google検索結果画面「港区 ネイルサロン」

Googleマイビジネス登録に必要なもの

Googleマイビジネスの登録に必要な情報は以下です。

  1. Googleアカウント
  2. 店舗情報(店名、住所、電話番号、営業時間)
  3. 写真・ロゴ(店内、店外、スタッフ、サービス)
  4. 店舗ホームページ・予約サイトURL

費用は掛かりませんので、今すぐ、カンタンに登録ができます。

Googleマイビジネスの登録方法

ここからはGoogleマイビジネスの登録方法について解説します。

Googleアカウントが必要ですので、Googleアカウントを発行してください。
Googleアカウントの発行はこちら

1.Googleマイビジネスのサイトで「今すぐ開始」をクリックする

Googleマイビジネスの登録はこちら

2.自社のビジネス情報を確認し、見つからない場合は「ビジネス情報を追加」をクリック

3.ビジネス名を入力、確定する

4.ビジネスに最も近いカテゴリを指定する

5.店舗やオフィスの住所を入力する場合は「はい」を、入力しない場合は「いいえ」を選択します。

例えば、訪問型のビジネスなどの場合は住所入力は不要です。

6.店舗・オフィスの住所を入力する

7.サービス提供地域を指定する※住所を入力しなかった場合

8.ビジネスの所在地を地図上で選択します。

Map位置がずれている場合があるので、ピンの位置を正しく調整します。

9.連絡先の情報入力

検索ユーザーが実際に連絡できる連絡先を入力します。

10.Googleでの最新情報を受け取るか選択する

11.基本情報の登録完了

ここまで、およそ5分ほどで登録できます。

12.オーナー確認方法を選択する

ビジネスの実態を確認するためにハガキが郵送されます。

13.詳細情報登録を登録する

基本情報入力完了後、営業時間やプロフィール写真の登録が続きます。すべての登録が完了すると、Googleマイビジネスの管理画面が開かれます。

サイト内のコンテンツに従い、追加する情報を入力します。最後に「公開」ボタンを押せば、ビジネス情報がGoogleの検索結果に表示されます。
(表示されるまでにタイムラグが生じる場合があります。)

Googleマイビジネスを登録する際の注意点

すでにビジネス・店舗情報が登録されている

店舗のキーワードを検索した際、登録した覚えがないのに店舗の情報がGoogleで表示されてしまうケースがあります。この場合は、Googleが自動的にビジネス情報を登録するパターンと、お店を利用したユーザー登録したパターン(ローカルガイド)の2つが挙げられます。

あなたのお店を検索した来店見込み客に誤解を生む情報がないように、自店舗のGoogleマイビジネスを登録することはとても大切です。

Googleやユーザーによって登録された場合は、情報の正確性に欠ける点がありますので、もしすでに登録されている場合は、早急に情報を修正する必要があります。情報が誤っているかどうかは、Googleユーザーにとって判断できませんので、知らないうちに自分のお店の信用が下がるリスクもあります。

レビューを自作したり、高評価を買うことはNG

Googleマイビジネスの店舗一覧には、☆☆☆☆☆が並び、店舗を利用したユーザーのレビューを見ることができます。仮に低評価がついたとしても基本的に削除はできません。(事実無根の誹謗中傷などの場合を除く)

少しでも良い評価を付けたいからといって、レビューを自作自演したり、お客様に景品やお金を払って高評価をお願いすることは禁止されています。もし、そのような事実が発覚した場合は、Googleからペナルティを受けることになり、最悪の場合はGoogleマイビジネスへの掲載も不可となります。

もし低評価のレビューやコメントがあった場合は「返信機能」から投稿ユーザーへ返信できますので、真摯な対応を心掛けましょう。レビューを参考にするユーザーからすれば、高評価ばかりの情報は怪しまれることもありますし、低評価がついたとしても誠実な対応をしていれば、逆に好印象を与えるものです。

店舗情報の更新を忘れずに

店舗情報には営業時間や提供サービスの情報が掲載できますが、これらに変更があった場合、Googleマイビジネスでの変更も忘れないようにしましょう。もし営業時間や臨時休業があった際に営業中のままだと、せっかく来店したお客様が残念な思いをしてしまいます。

もし実態と異なる情報を載せていたとなれば、Googleからの評価がにも影響しますし、最悪はGoogleマイビジネスの検索順位も下がってしまいます。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、Googleマイビジネスでは、店舗の最新情報の更新に関するガイダンスを設けております。詳しくはこちらをご確認ください。

まとめ|無料で使えるGoogleマイビジネスへ早速登録しましょう!

本記事ではGoogleマイビジネスの概要から登録方法まで解説をしてきました。Googleマイビジネスは無料で使えるうえに、上手く活用すれば店舗の認知度向上・問い合わせ件数・予約件数向上につながります。

特に店舗型のローカルビジネスを運営するビジネスオーナーにとってはGoogleマイビジネスの活用は必須ですので、今回ご紹介した内容を参考に早速登録を行ってください。

Googleマイビジネスの登録はこちら

【注意事項】
本記事記載通りの操作ができない場合は、Googleまでお問い合わせください。
Googleマイビジネスヘルプ

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。