施設・部屋を登録してより幅広いサービスを展開!【RESERVA機能紹介】

施設・部屋を登録してより幅広いサービスを展開!【RESERVA機能紹介】

更新

RESERVA予約システムの施設予約タイプでは、メニューとは別に施設や部屋の情報を登録することで、複数のメニューに対して施設や部屋を紐付けて利用できます。

施設・部屋の登録機能とは

RESERVA予約システムの施設・部屋の登録機能は施設予約タイプで利用できる、予約メニューとは別に施設や部屋を登録しておき、メニューと施設・部屋を紐付けて活用する機能です。

施設予約タイプで施設・部屋の登録機能が使えない場合には、1つのメニューに1つの部屋を設定します。よって、3部屋あれば3つのメニューが必要となり、複数のメニューで1部屋を使う場合には設定上は異なる部屋として認識されるために常にダブルブッキングの可能性を考慮する必要がありました。

施設・部屋の登録を行うことで、メニューと施設・部屋を別々に管理し、複数のメニューで複数の施設・部屋の利用が可能になります。

・メニューと施設・部屋を独立して登録、メニューと施設・部屋を紐付ける形で予約を管理
・施設数・部屋数が多く、多目的に利用する場合におすすめ

・1部屋をダブルブッキングがないように運用する場合にも利用可能

本記事では施設・部屋の登録機能の活用例、登録方法についてご紹介します。

大型ホールの一部貸し出しなど、区画ごとに予約できる設定を行いたい場合は区画予約機能の記事をご確認ください。

施設・部屋の登録機能の基本情報

利用可能プラン:ゴールドプラン以上
利用可能タイプ:施設予約タイプ

RESERVA予約システムでは、施設・部屋の登録機能を施設予約タイプのゴールドプラン以上でご利用いただけます。

施設・部屋の登録機能の解説図

従来の施設予約タイプの場合

従来の施設予約タイプでは予約メニュー1つについて1つの施設・部屋が紐付きます。施設・部屋ごとにメニューを作成する必要があり、同一の部屋で複数のメニューを設定する場合はダブルブッキングが発生する可能性があり、防ぐには手動での確認が必要です。

施設・部屋の登録をした場合

施設・部屋の登録機能を活用すると予約メニューと施設・部屋を独立して管理できます。メニューごとに利用する部屋を紐付けることができ、「メニュー①」に予約が入り、「施設・部屋①」が利用される場合には、同時間帯の他メニューで「施設・部屋①」は選択されません。

施設・部屋の登録機能の活用例

複数の施設・部屋をメニューごとに管理

多数の施設や部屋を管理する場合に、1つずつ予約メニューを作成するのは大変です。本機能で施設・部屋をあらかじめ登録しておくと、予約メニューを作成する際にどの施設・部屋をメニューの対象とするか選択できます。

部屋のサイズごとや設備ごとにメニューを変えて管理することで、料金設定や利用時間なども同系統の部屋で一括管理ができます。

一部の部屋だけ対象から外すこともできるので、その場合は個別のメニューを設定するなど、柔軟に対応することができます。

予約のダブルブッキング防止

1つの施設・部屋に対して時間貸しと日貸しのように複数のメニューを設定する場合には、どちらか一方の予約が入った際にもう一方の予約の受付が停止しないと、ダブルブッキングが発生してしまいます。

本機能を用いると、時間貸しの予約が確定した時点で、日貸しのメニューは予約不可となるので、ダブルブッキングは発生しません。一方で異なる時間帯であれば時間貸しの利用は可能になるので、効率的に施設や部屋の利用が可能です。

紐付ける施設・部屋が複数になっても、全ての施設・部屋に予約が入ったタイミングでその時間帯での予約が不可になります。利用形態に合わせた価格設定など、ニーズに合わせたメニューを作成できます。

施設・部屋の登録機能のまとめ

施設・部屋を利用したサービスを行う場合に、部屋の一括管理やダブルブッキングの防止など業務の効率化に活用できます。また、メニュー作成や価格設定なども柔軟に行えるようになるため、サービスの質を向上できます。

まとめ

今回は「施設・部屋の登録機能」について、活用例、登録方法を含めて解説しました。

【さいごに】
本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2022年1月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合があります。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。